記事詳細

テーマは高レベル放射性廃棄物処分の認知拡大 「デジタルハリウッド・アースプロジェクト2017」作品発表会

 映像や3DCG、アニメーションなど、先端メディアの専門領域を学ぶ場として2004年に開学したデジタルハリウッド大学(東京都千代田区)は、デジタルコンテンツを通して地球規模で存在する課題の解決を試みる「デジタルハリウッド・アースプロジェクト2017」の作品発表会を同大学で開いた。

 12年にスタートした不定期開催の取り組みで3回目。前回に続き原子力発電環境整備機構(NUMO)協力のもと、原子力発電に伴い発生する高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する認知拡大がテーマとなった。同大学に通う学生らが5チームに分かれて作品を制作し、それぞれに創意工夫をこらした動画やポスターを発表。杉山知之学長、フリーキャスターの大東めぐみ氏、IT雑誌「Grand Style」の坪井安奈編集長が審査員を務めた。

 高レベル放射性廃棄物の処分は、地下300メートルより深い岩盤に埋める地層処分が最も適切であるとの考え方が国際的な共通認識となっているものの、日本での計画は処分地選定も含めて進んでいないのが現状だ。この問題に対し、いかにクリエイティブの視点から“知るきっかけ”となるような作品を制作できるかがポイントとなった。

 5作品の中から最優秀作品賞に選ばれたのは、日本の置かれた現状や最終処分のプロセスをCGでコミカルに描きながら、若者の日常生活を描写することで視聴者に「当事者」としての認知を問いかけた動画「On Your mark」。「重い内容なので柔らかく表現して、見た人がこの問題との距離感を測れるようにしたかった」と、制作チームの吉原茂希さん。杉山学長は「NUMOの公式サイトで使っていただきたいような出来映えだった」と高く評価した。

 動画は、18日から産経ニュース内の特設サイトで公開される

 http://www.sankei.com/special/ep2017/

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう