記事詳細

動物は地震を予知しているのか ナマズ40匹の行動を昼夜監視したが… (1/2ページ)

 動物が地震を予知するのかどうか、昔から解けていない問題だ。

 「正統派」の地震学者は、このテーマを避け続けてきた。動物の行動の異常が「必ず」来るべき大地震に結びつくのか分からないし、地震がないときにも動物の異常がある。これらが本気で取り組まなかった理由である。

 だが、このほど正統派の地震学者ではないドイツにあるマックスプランク鳥類学研究所が、動物の地震予知研究に乗り出した。

 ドイツには地震がないから、欧州の地震国イタリアでの動物の地震予知を研究している。イタリア中部では2016年8月に大地震があった。300人以上が犠牲になり、中世以来の石造りの建物も壊れた。

 地震が起きたすぐの場所には牧場があり、そこに飼われている動物に「タグ」をつけた。動物は多種類にわたり、羊、牛、ウサギ、七面鳥、ニワトリのそれぞれ数頭に取り付けた。飼っているイヌにまで取り付けた。大地震のあとの10月のことだった。

 このタグには、動物の動きの向きや動く速さが記録される。このほか、動物のいた位置や高度、それに温度や湿度も記録される。タグは取り付けた太陽電池から電力を供給される。

 つまり、動物がなにかの行動を起こせば、それがコンピューターに記録される仕組みだ。

 タグをつけてから、いくつもの地震があり、その前に動物の異常な行動があったと担当の科学者は言う。しかし、データは解析中で、まだ論文にはなっていない。

 「正統派」地震学者には、突っ込みどころがある。イタリア中部では、8月の地震の余震が続いていた。つまり、動物が「来るべき地震を予知して」行動したのではなくて、ごく微小な余震での揺れや微弱な地電流や地磁気の変化を感じて「余震を受けて」行動した可能性を排除するのは難しいからだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう