記事詳細

橋下氏、民進・有田議員に激怒「議員辞めろ」 蓮舫氏「二重国籍」問題で場外乱闘

 民進党の蓮舫代表(49)の「二重国籍」問題が新たな場外乱闘を生んでいる。蓮舫氏に戸籍などの公開を求めた人々を「差別だ」と非難した民進党の有田芳生参院議員(65)に対し、日本維新の会の橋下徹法律顧問(48)が、“ダブルスタンダード”だとインターネット上でかみついたのだ。

 蓮舫氏の資料公開に絡んで、有田氏は14日、言論ニュースサイト「リテラ」で「蓮舫代表に個人情報の開示を求めるのは、出自による差別を禁止している憲法第14条や人種差別撤廃条約の趣旨に反する差別そのものである」などと指摘した。

 これに猛反発したのが橋下氏だった。19日に「プレジデントオンライン」(プレジデント社)の寄稿で「こいつだけはほんと許せないね」と有田氏を痛烈に批判した。

 橋下氏は、2012年に週刊朝日が自身の出自問題を取り上げた際について、「普段は『人権を大切にしろ!』とかっこつけて叫んでいる自称リベラルのインテリたちに限って『橋下は権力者なんだからそれくらい我慢しろ』と言ってたな。メディアでも僕を擁護する声はほとんどなかった」と指摘。

 その上で、有田氏がツイッターに「これは面白い」と投稿したにもかかわらず、蓮舫氏の問題では「人権問題の歴史的逆行」になると反対したことについて、「自分が嫌いな相手(僕)の出自が公になることは面白く、自分の所属する党の代表の、ちょっとした戸籍情報が開示されることはプライバシー侵害になり、人権問題にもなるから許されないと言うんだ。典型的なダブルスタンダード!」と猛然と罵倒。ツイッターでも「有田、早く辞職しろ。自称人権派は有田を責めないのか?」とかみついている。

 一方、有田氏はツイッターで「何を面白いと書いたのかをあえて隠した文脈無視の言いがかり」と反論している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース