記事詳細

習氏に体形似てるから…?中国ネットで「くまのプーさん」一時規制 党大会前に検閲強化

 【北京=西見由章】世界中で人気のキャラクター「くまのプーさん」の関連メッセージがここ数日、中国の通信アプリ「微信」などで規制された。体形が似ていることから習近平国家主席を暗示する“記号”として中国人ユーザーが使っていたが、今年秋の中国共産党大会を目前に、当局側はインターネットの検閲を強化する構えだ。

 微信では、プーさんの一部の画像や、中国語表記の「維尼熊」を含むメッセージが一時、送信できなくなった。このほか米国のメッセンジャーアプリ「WhatsApp」も一時、映像や画像などが全面的に受信できなくなったほか、海外業者による「仮想プライベートネットワーク(VPN)」もつながりにくい状態となっている。

 こうしたネット検閲の強化は、13日に死去した劉暁波氏を追悼する声が国内外のSNSで拡散していることも背景にあるようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう