記事詳細

メディアよ、なぜ死に急ぐ 蓮舫氏「二重国籍」会見でみえた「報道しない自由」と「論点のすり替え」 (1/2ページ)

 民進党の蓮舫代表は18日、自身の「二重国籍」問題について、記者会見を開いて釈明した。

 蓮舫氏が昨年9月、党代表選に立候補した際、台湾との「二重国籍」疑惑が指摘された。当初、蓮舫氏はきっぱり否定したが、その後、二転三転した。過去の発言とも明らかに矛盾していた。

 つまり蓮舫氏は「嘘つきで不誠実だ」と思われたのだ。私自身は政治家の資質に必ずしも正直さを求めないが、誠実さは重要だと思う。両方を重視する日本人が不信感を抱いたのは当然である。

 今回の会見で、明確にしておくべき論点が1つある。

 蓮舫氏は戸籍謄本の一部を公開することについて、「私を最後にしてほしい」などと、あたかも差別主義者や排外主義者の圧力に屈したかのような発言をした。朝日新聞や毎日新聞も似たような論旨を展開したが、私には「不誠実な論点のすり替え」にしか見えなかった。

 日本と米国の「二重国籍」状態だった自民党の小野田紀美参院議員は、米国籍離脱手続きの完了後、日本国籍の選択日が記載される唯一の証明書である戸籍謄本を公開した。小野田氏と同じ行動を人々が蓮舫氏に求めたのは自然な流れである。

 小野田氏はツイッターで、「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。(中略)合法か違法かの話です」と指摘した。

 結局、蓮舫氏は民主党政権時代、法律に違反した状態で国務大臣を務めていたことになる。立件の可能性は低いが、今後同様のケースを避けたければ、現行法の穴を埋め、運用や処罰基準を明確化する音頭を、自ら取ればいい。

 国会議員とは選挙で選ばれた「全国民の代表」であり、左右の思想に関わらず、日本の国益のために全力を尽くすことが求められる要職だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう