記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】メディアよ、なぜ死に急ぐ 蓮舫氏「二重国籍」会見でみえた「報道しない自由」と「論点のすり替え」 (2/2ページ)

 蓮舫氏だけでなく、複数の国会議員が、その意味で「政治家の資質」を疑問視されている。特に、民進党は北朝鮮や韓国、中華人民共和国(PRC)への批判に消極的に見える。安全保障法制には対案も出さずに反対した。このような民進党への日本国民の不信感が、蓮舫氏の「二重国籍」騒動の根底にあった。

 左派メディアが、民進党を応援する理由はよく分からない。だが、「加計学園」問題に関する閉会中審査で、加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事や、国家戦略特区ワーキンググループの原英史委員の不都合な主張をスルーしたのには心底あきれた。

 バレバレの「報道しない自由」と「論点のすり替え」は、私に言わせれば「リストカット」(=繰り返される自傷行為)である。メディアよ、なぜ死に急ぐのか。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう