記事詳細

疑惑隠しのダシに? トランプ氏の昭恵夫人侮辱発言で米メディア「嘘つきだ」

 安倍昭恵首相夫人が、米国でも炎上案件となった。トランプ米大統領が米紙のインタビューで、夕食会で隣の席だった昭恵夫人が英語を話さず、「ハローさえ言わない」と言い切ったのだ。侮辱とも受け取られかねない発言に米メディアでは「嘘つきだ」「昭恵夫人はトランプ氏と話したくなかったのでは」と騒ぎになっている。

 問題の舞台は、今月上旬にドイツで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の夕食会。19日にニューヨーク・タイムズ紙のインタビューでトランプ氏は、隣の席だった昭恵夫人をほめたたえたうえで、「彼女は英語を話さなかった」「ハローとさえ言わなかった」と言い放った。「通訳がいなければもっと厳しい状況だっただろう」と念を押した。

 インタビューを受けて、米紙ニューヨーク・ポスト(電子版)は、「トランプがウソの主張」とする記事を掲載、昭恵夫人が英語でスピーチする「証拠動画」も載せた。英紙ガーディアンの女性コラムニストはツイッターで「トランプと話したくないから2時間近く英語を話せないふりをしたようにみえる」と皮肉った。

 夕食会がなぜ注目されているかというと、トランプ氏が途中でロシアのプーチン大統領の隣に移動し、ロシア側の通訳を介して1時間近く「秘密会談」を行ったことが問題視されているためだ。

 トランプ氏は、「メラニア夫人の隣にプーチン氏が座っていた」とも話しており、昭恵夫人が英語を話さないという口実を作ることで、席を移動してプーチン氏と話したことを正当化する思惑もうかがえる。昭恵夫人は疑惑隠しのダシに使われた形だ。

関連ニュース