記事詳細

ヤクザの世界は人種差別がないと信じて、この世界に入った (3/3ページ)

 暴力団業界に在日が多いのは事実である。現在、暴対法に基づく「指定暴力団」は22団体を数えるが、そのうち代表者が在日である組織は5団体に及ぶ。約23%。総人口に占める在日韓国・朝鮮人の割合は2%以下とされるから、10倍以上の密度である。

 もともとヤクザ組織は一般企業や役所に就職できず、「ヤクザにしかなれない」人の生計の途といった側面があり、伝統的に在日韓国・朝鮮人や被差別部落出身者を排除しない。過去にも柳川組・柳川次郎こと梁元錫や、東声会・町井久之こと鄭建永など、一世を風靡した在日ヤクザは多い。織田自身もこう言う。

 「子供ながらに、ヤクザの世界は人種差別がないと信じて、この世界に飛び込みました」

 ※週刊ポスト2017年7月21・28日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース