記事詳細

内閣改造前に「非常事態」突入の自民 仙台市長選で“民共共闘”候補に敗れ痛手

 仙台市長選は23日投開票され、民進、共産など野党4党が支援する新人の元復興政務官、郡(こおり)和子氏(60)が、自民、公明両党の県組織などが支持する葬祭業社長、菅原裕典氏(57)ら新人3人を破り、初当選した。安倍晋三政権への批判が地方にも広がっている証左といえ、政府・自民党は来月3日の内閣改造を前に、「非常事態」に突入した。

 「政権の支持率低下や、東京都議選の厳しい結果など少なからず影響があった。加計、(南スーダンPKOの)日報問題など次々問題が出た」

 敗北した菅原氏の支援者の1人はこう語り、唇をかみしめた。

 選挙戦は当初、東日本大震災の復興対策などが争点だったが、自民党が惨敗した東京都議選直後の「与野党対決」選挙だけに、勝敗は国政に直結するとして注目された。

 小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」と激突し、公明党とも分裂した都議選と違い、仙台市長選の相手は民進、共産両党などの野党共闘候補。内閣支持率が下落する安倍政権にとって、自公連携の与党候補が“民共共闘”候補に敗れたことは深刻な痛手となりそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース