記事詳細

加戸氏“爆弾”証言に「前川氏=抵抗勢力」の意見も 「加計」「日報」めぐり閉会中審査 (2/2ページ)

 また、加戸氏は何度も岩盤規制にはね返される間に「大阪府の橋下徹元知事なら『文部科学省解体論』を必ず唱えるぞ」と、文科省側に迫っていたことも明らかにした。

 これに対し、「総理のご意向」などと書かれた文書を根拠に「行政がゆがめられた」と主張する前川氏だが、安倍首相から直接指示を受けたか否かについて聞かれ、「私自身は総理から直接伺っていない」と述べた。

 前川氏は昨年9月、和泉氏から「総理が自分の口から言えないから私が代わりにいう」と言われたと主張している。

 これについて、和泉氏は「こんな極端な話をすれば、私も記憶に残っている。まったく記憶に残っていない。従って言っておりません、言っておりません」と強調した。

 「前川氏=抵抗勢力」との意見も飛び出した。

 前川氏は、国家戦略特区における獣医学部の新設について「これはとりもなおさず、加計学園のことであるという認識を持っていた」と述べた。

 この発言について、国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の八田達夫座長は「特定の事業者を優遇すべきだという意向と受け止めたとしたら、それは(前川氏)自身が既得権を優遇してきた人でなければ思いつかない論理ではないかと思う」と痛烈に皮肉った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース