記事詳細

崩壊危機の民進、蓮舫氏の代表辞任求める声強く 離党、解党を模索する議員も

 加計学園問題をめぐる閉会中審査で安倍晋三首相を舌鋒鋭く批判した民進党の蓮舫代表だが、足元は火の海だ。後ろ盾の野田佳彦幹事長が東京都議選敗北の責任を取って辞任を表明したが、党勢低迷を招いた蓮舫氏の代表辞任を求める声は強い。離党や解党を模索する議員もおり、党崩壊の危機に直面している。

 「仙台市長選は、党の執行部が頑張ったという結果と違う。『応援に入りたい』といわれたのもお断りした」

 民進党の桜井充参院議員=宮城選挙区=は25日の両院議員懇談会で蓮舫執行部の求心力のなさを痛烈に批判した。発言後には両院懇を中座し、「都議選の総括文書を読む限り、全然反省は見えない」と執行部をあらためて批判した。この日の参院予算委の閉会中審査で山本幸三地方創生相に「出て行け」と叫んだ桜井氏だが、「(離党を含めて)仲間とこれからいろいろ考えたい」と自ら党を出て行くことも示唆した。

 離党届を準備する横山博幸衆院議員も両院懇後、「(離党は)最終的には個人判断だから、1日、2日よく考える」と述べた。

 原口一博元総務相が「野田氏だけが辞めて済む話なのか」と牽制(けんせい)すると、井出庸生衆院議員からは「蓮舫氏は幹事長人事にしろ『二重国籍』問題への対応にしろ、最初に決めたことに対する思いが弱い。挙党態勢を構築する覚悟がないなら代表をやめるべきだ」との声も出た。

 次期衆院選で東京の小選挙区にくら替え出馬する意向を示した蓮舫氏だが、果たしていまの形で党が残っているのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース