記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】“お笑い韓国軍”の典型、欠陥だらけのヘリ「スリオン」がついに「軍への納入停止」に デビュー4年で大失墜 (1/2ページ)

 韓国型機動ヘリコプター「スリオン」と言えば、韓国ウオッチャーなら知らぬ者はいない“お笑い韓国軍”の典型だ。そのスリオンが、ついに「軍への納入停止」となった。これを機に、マスコミデビューからの動きを簡単にまとめると、「ディス・イズ・コリア」たる現象を、さまざま捉えることができる。

 ▽スリオンが陸軍基地に配置された翌日、中央日報(2013年5月23日)は「これで韓国は世界で11番目にヘリコプターを開発した国となった」と伝えた。当時の朴槿恵(パク・クネ)大統領の「韓国の国防科学技術の優秀性を内外に立証する快挙」とする祝辞も載せている。

 この記事(日本語サイト)の最後で、スリオンを「修理オン」と誤記しているのが面白い。スリオンの「スリ」は「鷲」の意味で、韓国語では「修理」と同音だ。その後、常に「修理中」になることを暗示するような誤記ではないか。

 ▽デビューから半年、国防技術品質院が「ワイパー、始動モーターの原資材などに性能試験証を偽造した変造部品が確認された」と発表した。原発の内部部品にも性能試験証を偽造した部品を使う国なのだから、驚くべきことでもない。

 ▽14年末には、動力(減速)伝達装置が国産ではなく輸入品だったことが、韓国で初めて報道された。エンジンも燃料タンクもミサイル防御装置も輸入品であることは、日本の軍事マニアは先刻承知していた。だが、善良なる韓国人はこの報道に接しても「動力伝達装置だけ輸入」と思い続けた。

 ▽韓国航空宇宙産業(KAI)とは、スリオンを「開発製造した」(=実は、仏ユーロコプター社の指導を受けて組み立てた)国策会社だ。KAIは「米国で101項目の厳密な検査を受けた」と東南アジアに売り込みを図った。このセリフ自体は正しい。だが、正確には「うち29項目は失格判定を受けた」と続けなくてはならない。高等技術はないが“口頭欺術”には長けた国だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう