記事詳細

石破氏、首相にふさわしい人物1位 本社・FNN合同世論調査

 ■「更迭すべき閣僚」稲田氏ダントツ

 産経新聞社・FNN合同世論調査で「いま首相にふさわしい人物」を聞いたところ、1位は自民党の石破茂前地方創生担当相で20・4%だった。

 安倍晋三首相は19・7%で2位となり、石破氏の後塵(こうじん)を拝した。同じ質問は昨年12月の調査でも行い、安倍首相が34・5%と、石破氏の10・9%を大きく上回っていた。

 ただ、自民党支持層の1位は安倍首相で47・1%、石破氏は2位で18・6%となり、順位が逆転した。公明党支持層でも1位は首相で、石破氏は2位だった。

 一方、8月3日予定の内閣改造に合わせ「代えたほうがよい閣僚」に最も多く挙げられたのは稲田朋美防衛相で、63・1%とダントツだった。

 東京都議選での失言や南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題の対応などが原因とみられ、内閣支持率の下落にも影響したとみられる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう