記事詳細

韓国映画『軍艦島』反日広告に歪曲 写真は別炭鉱の日本人…「不本意なミスを犯した」 (1/2ページ)

 戦時中の朝鮮人徴用をめぐり、2015年の世界遺産登録以来、反日運動の主題の一つとなっている長崎市の「軍艦島」(端島)が、韓国で再び話題を呼んでいる。島を舞台にした映画の26日の封切りを前に米国で大々的に流された反日広告では、事実を歪曲(わいきょく)した写真が掲載されていたことが判明。「創作」映画の公開に伴う、両国関係への影響に懸念が広がっている。(ソウル 名村隆寛)

 米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板で、今月上旬に流された「軍艦島は地獄島」との意見広告に映っていた炭鉱の坑道で掘削する男性労働者の写真が、軍艦島(端島・長崎市)とは無関係であることを、映像製作に関わった韓国の大学教授が認めた。韓国紙、中央日報が26日、報じた。

 問題の写真は15秒ほどの広告映像に出ているもので、「軍艦島の本当の名は地獄島」との内容の前に「120人が殺された」という文章とともに流された。しかし、写真の労働者は韓国で主張されているような朝鮮人徴用工ではなく、日本人であり、場所も軍艦島の海底炭鉱ではなかったと同紙は伝えた。

 この写真について産経新聞は「端島ではなく筑豊の炭鉱(福岡県)である」と誤りを指摘し、撮影時期も「明治時代中期で朝鮮人徴用ではない」と証拠資料を挙げていた。

 映像の製作と広報を進めた徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は中央日報の取材に対し、「徹底して検証ができず、不本意なミスを犯した。写真の人物が日本人であることを私も今回知った」と誤りを認めたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう