記事詳細

習近平氏のための病院 万一には道路封鎖しロボ手術もできる

 中国・北京には、習近平国家主席や共産党中央委員会の上層部専用の病院「301病院」がある。米・ハーバード大などへの留学経験を持つ、国内最高水準の医師や看護師が集められている。以前、心筋梗塞で倒れた李鵬元首相もここで一命を取りとめた。

 中国国内では臓器移植の先進的な医療機関に位置付けられ、日本でロボット手術を学んだ医師が帰国後に心臓外科主任に就き、中国初のロボット手術が可能な病院となった。中国事情に詳しい評論家の宮崎正弘氏が解説する。

 「301病院は中国人民解放軍総医院の通称で、人民解放軍の病院の中でも最大級の総合病院だ。しかし上海の病院のほうが欧米で技術を磨いた医師も多く、必ずしも最先端の施設とはいえない。ただ、政治の中枢である北京で、緊急時には人民解放軍が周辺道路を封鎖して最短で搬送できることから国家主席の御用達となっている」

 2011年、江沢民前国家主席が上海の自宅で倒れた際には北京の空港から人民解放軍が緊急配備で周辺道路を封鎖し、警察車両の先導で301病院に搬送された。

 「江沢民が運ばれたのは、一般病棟と隔てられた南棟の『元帥楼』と呼ばれる特別病棟だ。私も301病院を訪れたが、元帥楼は厳重に警備され近づけなかった」(宮崎氏)

 一般の中国国民は近づくことすらできない元帥楼の詳細は秘密のベールに包まれている。それだけに301病院には別の顔もある。

 「派閥闘争の激しい中国だけに、権力闘争に敗れた指導者層は“監視対象”として入院させられるというきな臭い一面もある。楊尚昆元国家主席は風邪で入院した数日後に死亡したために、暗殺説も出た」(宮崎氏)

 引退後の指導者層が隠遁生活を送るのは上海が多いという。これは“北京の監視”を避けるためかもしれない。

 ※SAPIO2017年8月号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース