記事詳細

北朝鮮、国家ぐるみでビットコインの採掘に乗り出す (1/2ページ)

 北朝鮮が、仮想通貨ビットコインの採掘に乗り出していたことがわかった。

 最先端の人工知能(AI)を駆使し、ウェブ上の情報を分析してサイバーテロや国際紛争を予測するレコーデッド・フューチャー社(本社:米マサチューセッツ州)が報告書で明らかにした。同社は、ロシアへのウクライナへの軍事介入を的中させたことで知られる。

 ■「ワナクライ」と同時期

 同社は、インターネットの監視を行う非営利団体「チーム・カムリ」と共同で、4月1日から6月6日まで北朝鮮からと思われるインターネットへのアクセス動向についてモニタリングを行った。

 すると、北朝鮮の複数のユーザーが5月17日からビットコインの採掘を始めた状況が把握できた。それ以前に、北朝鮮にはビットコイン関連の動きは認められなかったが、この日以降、関連の活動は数百倍に達した。これは、「Wannacry(ワナクライ)」と呼ばれるランサムウェアによる攻撃が始まった時期とほぼ重なる。

 ランサムウェアは感染したパソコンをブロックし、解除に「身代金」としてビットコインを要求するものだが、報告書は北朝鮮のビットコイン採掘と「ワナクライ」の関連はわからないとしている。一方で、これだけ大規模な動きは国の承認なしにはできないだろうとしている。つまり、ビットコインの採掘は北朝鮮の国家の方針として行われているということだ。

 北朝鮮は、これ以前にもビットコイン関連の動きを見せていた。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース