記事詳細

正恩氏「米本土全域がわれわれの射程圏内」 「火星14」発射成功

 北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を28日夜に行い「成功した」と報じた。高度3724・9キロに達し、47分12秒の間に998キロ飛行したとしている。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い「米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがはっきりと立証された」と述べた。

 発射は性能上、最大の射程を想定して行われ、大気圏再突入後も弾頭の安定性を維持し、公海上の設定した水域に「正確に着弾した」としている。金氏は「あえて最大射程での発射実験を行ったのは、分別を失った米国に厳重な警告を送るためだ」と述べ、制裁強化を進めるトランプ米政権をけん制。「わが国に手出しした日には、米国も無事ではいられないということをしっかり理解しただろう」と強調した。

 また「任意の場所から任意の時間にICBMを奇襲発射できる能力が誇示された」と述べた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう