記事詳細

自民、内閣改造前に断った“負の連鎖” 林氏が横浜市長選で3選

 東京都議選、仙台市長選と地方選で敗北が続いていた自民党が3連敗を免れた。7月30日投開票された横浜市長選で、自民党と公明党が推薦する無所属現職の林文子氏(71)が、民進党(旧民主党)出身の無所属で元衆院議員の長島一由氏(50)と、元市議の伊藤大貴氏(39)の2新人を破り、3回目の当選を果たしたのだ。

 安倍晋三首相が8月3日に断行する内閣改造を前に、自民党が“負の連鎖”を断ち切った形だ。投票率は37・21%で、過去最低だった前回29・05%を上回った。

 林氏は小売業の会長や自動車販売会社社長を経て、2009年に初当選。今回は、過去2回の市長選で推薦した旧民主党系の民進議員や連合神奈川の支援も受け、支持を集めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう