記事詳細

北ICBM射程、米本土ほぼ全域か 米情報当局が分析

 ロイター通信は7月31日、北朝鮮が発射した2回目のICBMについて、米本土のほぼ全域が射程に入っている可能性があると米情報当局が分析していると報じた。複数の米政府当局者の話としている。

 米専門家は2回目のICBMについて、通常軌道なら中西部シカゴや西部ロサンゼルスに届く射程1万キロ超の可能性があると分析していたが、米政府当局者もこうした分析を追認した形だ。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう