記事詳細

公明・山口代表、解散「自民党総裁選より前」の可能性指摘 「支持率低下が影響」

 公明党の山口那津男代表は7月31日夜、衆院解散・総選挙の時期について、東京都内で記者団に対し「自民党総裁選後の来年秋ぐらいかという相場観があったが、これまでの相場観に依存してはならない」と述べ、自民党総裁選の前になる可能性を指摘した。

 山口氏は「安倍晋三首相の専権事項だ」と断ったうえで、「内閣支持率が下がってきて、今後の政治動向に影響を与える可能性がある」と述べた。

 同時に「任期満了まで短いことを考慮し、常在戦場の心構えだ」とも述べ、早期解散に備えた準備が必要だとの考えを示した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース