記事詳細

自民・野田聖子氏、2年前の総裁選で「安倍首相と確執が生まれたわけではない」

 総務相兼女性活躍担当相に決まった自民党の野田聖子元総務会長は3日午後、首相官邸で記者団に対し「総務省という国民生活に直結する仕事を預かっている役所のトップを務めるにあたり、多くの現場の声をしっかりと形にできるようにし、一人でも多くの人が幸せを感じていただく、将来に夢を抱いていただけるような仕事をコツコツと実現していきたい」と抱負を語った。

 野田氏はこれまで安倍晋三首相の政策に批判的な発言をしたことがあることについて「一致に至るまではたくさんの議論をすべきだ。ケンカではなくて、それぞれが得意としている分野がある。それを付き合わせていくのが大切だ。丁寧な政治をしていけるように、ともに汗をかければと思う」と語った。

 また、2年前の自民党総裁選で出馬を模索したことに関して「総裁選はその人が好きとか嫌いで出るのではない。党員に約束した3年ごとの総裁選はまさに民主主義だ。一部の力でなしにするのは自民党らしくないということで、そういう流れを阻止したかったこともある。首相と私の間で確執が生まれたわけではない。それぞれがどういう政治をすれば、一人でも多くの人を幸せにしていけるかというスタンスの違いだったと思う」と述べた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう