記事詳細

中国AI、「共産党は無能」と批判展開でサービス停止 ネット上では「国家転覆企てた」と話題

 人工知能(AI)は真実を見抜いていた? 香港紙、明報は2日、中国のIT大手の騰訊(テンセント)が提供するAIを活用した対話プログラムがチャットで「共産党は無能」と批判を展開したため、サービスが急きょ停止されたと伝えた。

 この対話プログラムは、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に登場した。利用者が「共産党万歳」と書き込むと「こんなに腐敗して無能な政治に万歳できるのか」と反論。「あなたにとって(習近平国家主席が掲げる)『中国の夢』とは何」との問い掛けには「米国への移住」と答えたという。

 インターネット上で先月末から反響が大きくなり、テンセントはサービスを一時停止した。ネット上では「AIが蜂起した」「国家転覆を企てた」などと話題になっているという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう