記事詳細

【漂流本線日本海】不穏な「工作衣」 着ていた主はどこに行った?

 迷走した台風が去った日本海沿岸に、救命胴衣が漂流してきた。漢字で「正面穿着 工作衣」と表記があり、中国の物らしい。

 船上の乗組員が常に装着している救命胴衣のようだが、着ていた主はどこに行ったのだろうか。この「工作衣」だけが吹き飛ばされて、日本海に落ちたと信じたい。

 そもそも、甲板に救命胴衣を着た乗組員が常駐しているというのは、中国漁船の可能性が高い。あちこちで日本の水産資源を乱獲する中国漁船が、ついに日本海沿岸にも足を延ばしたとすれば、不穏なこと、この上ない。(金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう