記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】高まる米朝緊張…戦争を防ぐために必要な政策は? 北との対話路線は期待薄 (1/2ページ)

 8月15日で終戦から72年となったが、北朝鮮の核・ミサイル開発など緊張が高まるなかで、国民や国土を守るために、どのような政策が必要だろうか。

 国際政治学では、平和達成について(1)同盟と(2)軍事力から説明する「リアリズム」の立場と、(3)民主化(4)経済依存度(5)国際機関加入から説明する「リベラリズム」がある。

 以前の本コラムでは「リアリズム」も「リベラリズム」もともに正しく、これら5つは、いずれも平和への貢献が大きいことが定量的に知られていることを紹介した。なお、(3)民主化(4)経済依存度(5)国際機関加入の3点は、哲学者カントが唱えていたことから、「カントの三角形」といわれている。

 相手が北朝鮮の場合、こうした国際政治学の理論を使うと、できることが限られることが分かる。リアリズムの立場から、日米同盟や一定の自衛力は不可欠だ。一方、リベラリズムの立場では、北朝鮮が民主化することや国際機関に積極的に参加することは現状では考えられないので、平和構築は至難の業になる。北朝鮮と経済依存度を高めることも、今の国際情勢では不可能である。

 ということは、北朝鮮との平和を築こうとする場合、リアリズムの日米同盟や一定の自衛力のもとで、リベラリズムのアプローチにより北朝鮮の民主化を促し、まずは国際社会に参加させるような国際会議への出席を目指し、段階的に北朝鮮に課している経済制裁を解除していくという方法がありうる。

 そのための方策としては、2003~07年に開催された米国、韓国、北朝鮮、中国、ロシア、日本の6者協議があったが、結果として平和的な話し合いは失敗した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう