記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】「ケンポー」ありがたがる人々よ、悲しい現実に目をそむけるな 世界に通じなかった核廃絶の祈り (1/2ページ)

 日本人は絶対悪で、虐殺、集団強姦の加害者で、原爆被害を訴えるのは世界が許さん…とコイとるのである。ワシとちゃうで。韓国人や中国人や。だから諸悪の根源である軍隊を保持しないと日本人自身がケンポーで定め、よい日本人がそのケンポーを変えることを断じて許していないのが証拠や、ともコイとるのである。

 そんな日本が先日、国連で核兵器禁止条約に不参加に回った。広島、長崎はもちろん、ブラウン管の有名ジャーナリストのセンセイ方まで「信じられない、わが国は唯一の被爆国なのに何で!」と非難ゴーゴーや。

 いっやあ…ワシが信じられんのは、あんたらの方やで。ニューヨークで、いやヨーロッパでもどこでもええけど、どんな国際会議で何を決めようと、北朝鮮が話し合いに応じ、自ら核兵器を手放すと信じとるやつがおることの方がワシには信じられん。

 確かに広島にはアメリカ人、イギリス人、フランス人、いやロシア人の観光客も多い。8月6日に原爆ドームの前で手を合わせる人も多く見られた。しかし昨年、そんな多くのアメリカ人が選んだオバマ前大統領が、被ばく者を抱きしめたとぬか喜びしとったけど、そのオバマ大統領でさえ、広島への原爆投下を正当化しとんのやで。

 広島へ来ても謝罪の言葉は一切なかったし、日本人も求めんかったんやで。ねつ造された「強制連行された慰安婦」と違うて、広島、長崎の原爆投下は世界が認める事実にもかかわらずである。さらにトランプ大統領は核兵器を削減する気なんかさらさらないことを公約に当選したんやで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう