記事詳細

【大学で学ぼう】日本の自然遺産、美の謎に迫る 中央大学、観光で訪れたときに見逃せない見どころも紹介

★中央大学

 中央大学クレセント・アカデミーで開講するおすすめ講座を紹介しよう。

 9月14日からは「ノーベル文学賞作品を読む」(全5回・1万3200円)。ノーベル文学賞を受賞した作品の中から、有名ではあるが、読んだことのない作家・作品を選び、その世界や時代を解き明かす。

 16日からは「一度は訪れたい!! 日本の世界遺産(自然編)-日本の自然の豊かさの謎を探る-」(全5回・1万3200円)。日本で世界自然遺産に登録されている“屋久島”“白神山地”“知床”、“小笠原”に加え、富士山を取り上げる。日本の自然の豊かさの謎に迫るとともに、観光で訪れたときに見逃せない見どころも紹介する。

 10月11日から開講するのは、「新聞記事から紐解く民法入門」(全3回・8800円)。毎回いくつかの新聞記事から出発し、それを正確に読み解く、あるいは深読みするための法的知識を解説する。

 14日から行うのは、「フランス美術散歩-魔力のイタリア-」(全6回・1万5400円)。本講座では、ルネサンス以降のフランス美術の中に、魔力を発揮したイタリアの影を追跡する。絵画だけではなく、宮殿建築とそれを華やかに飾る装飾絵画や紙に描かれた奇妙な建築も含む。

 ■中央大学クレセント・アカデミー事務室 東京都八王子市東中野742の1 (電)042・674・2267。問い合わせ時間は平日9~17時。

 ※申し込み・資料請求はウェブサイト、電話、FAX042・674・2268で。入会金なし。先着順で受け付け、定員になり次第、締め切り。開催場所などの詳細はホームページを参照。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう