記事詳細

抑止力持たず北に無防備…迫る「日本の危機」 米朝ギリギリの駆け引き、識者「議論」訴え

 米国と北朝鮮がギリギリの駆け引きを続けている。米国の怒りに脅えたのか、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、米領グアム沖への弾道ミサイル発射計画の一時保留を示唆すると、ドナルド・トランプ米大統領はツイッターで好意的な発信をしたのだ。一触即発の朝鮮半島危機は遠のいたのか。

 「(正恩氏がミサイル発射保留を示唆したのは)非常に賢明で、考え抜かれた判断だ」「大惨事となっていたであろうし、とても容認できなかっただろう」

 トランプ氏は16日、ツイッターでこう発信した。これは、朝鮮中央通信が前日、次のような報道をしたからだ。

 正恩氏は14日、朝鮮人民軍戦略軍司令部を視察し、グアム沖への弾道ミサイル発射計画の報告を受けた。その際、「米国の無謀さが一線を越え、射撃が断行されれば、痛快な歴史的瞬間になる」と述べた一方、「愚かで哀れな米国の行動をもう少し見守る」と発言したというのだ。

 ジェームズ・マティス米国防長官が、「北朝鮮が、米国に(ミサイルを)発射すれば直ちに戦争に発展する」と恫喝(どうかつ)したことを受け、狂気じみた言動を繰り返していた正恩氏も震え上がったのか。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は「米朝の緊張状態は一段下がったといえる」といい、続けた。

 「米国が、北朝鮮に核やICBM(大陸間弾道ミサイル)を持たせたくないことは確かだ。ただ、仮に核兵器を数発所有させたところで、いつでも国を潰すことができる。米国は北朝鮮をまったく恐れていない」

 そんななか、21日から朝鮮半島で米韓合同軍事演習が始まる。朝鮮半島の緊張が再び激化するのは避けられない。

 前出の藤井氏は「むしろ北朝鮮の脅威を感じなければならないのは日本だ。今回の危機を契機に、日本でも『抑止力を持つための議論』がもっと行われるべきだ」と話している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース