記事詳細

額賀氏、韓国・文大統領と会談へ 徴用工問題にも言及か

 超党派の日韓議員連盟の会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は18日、議連幹部らと21日にソウルを訪問し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談すると明らかにした。安倍晋三首相と首相官邸で面会後、記者団に語った。

 額賀氏は文氏との会談で、徴用工問題も取り上げる考えを明らかにした。額賀氏は安倍首相との面会で、文氏が日本の朝鮮半島統治時代の徴用工に絡む請求権が「個人の権利は残っている」と主張したことについても意見交換した。

 額賀氏は元徴用工の個人請求権について「1965年の日韓国交正常化における請求権問題は処理されているという認識を持っている。盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領時代も互いにそういう確認をした経緯もある」と述べた。

 政府は18日、元徴用工の個人請求権は「1965年の日韓請求権協定で解決済みである」と韓国政府に抗議した。「(請求権協定で解決済みとした)韓国政府の立場は変わっていないと認識している」とも伝えた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース