記事詳細

米軍高官が相次ぎ訪韓のナゼ 北による韓国攻撃想定、米韓合同軍事演習始まる

 米韓連合軍司令部は21日、北朝鮮による韓国攻撃を想定し、兆候を捉えた際の先制攻撃や反撃の手順を確認する内容の定例の合同指揮所演習「乙支フリーダム・ガーディアン」が始まった。31日までの予定。

 韓国軍約5万人と、米軍約1万7500人が参加し、コンピューターシミュレーションで戦時の動員能力の向上を目指すとしている。米軍の参加者は昨年より約7500人少なく、緊張拡大を避ける思惑があるとの見方も出ている。

 ハリス米太平洋軍司令官は20日、ソウルで宋永武(ソン・ヨンム)韓国国防相と会談し、米国が韓国を防衛する約束に変わりはなく「常に戦う備えを維持している」と発言し北朝鮮をけん制した。ハイテン戦略軍司令官も訪韓した。

 米軍高官の相次ぐ訪韓は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を急ぐよう韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権に要求する狙いもありそうだ。 (共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう