記事詳細

【親も知らない今どき入試】メガバンクに強い一橋大 有名企業400社への実就職率ランク (1/2ページ)

 有名企業への就職が強い大学はどこか。有名企業400社への実就職率(400社就職者÷<卒業生-大学院進学者>×100)ランクを紹介したい。

 卒業生100人以上の大学についてのデータで、有名企業400社は日経平均株価採用企業225社に規模や知名度、人気を基に大学通信が選んだ企業を加えた。この企業への就職者数を大学にアンケートし、実就職率を算出した。

 トップは、3年連続で一橋大だった。一橋大は商、経済、法、社会の文系4学部で、社会科学系の学部しかない。就職に強い理系学部はないが、有名企業に強さを発揮。

 内訳は、トップはみずほFGの25人、次いで三菱東京UFJ銀行23人、三井住友銀行16人などメガバンクに強い。

 メガ3行とも1000人以上の採用で、就職者が多かったことも影響している。ほかに、東京海上日動火災保険、アクセンチュア、トヨタ11人など幅広い業種の大企業に就職している。

 一橋大に限らず、近年、文系学部の就職状況が好調だ。大学入試でも文系人気が高い。進学校の進路指導教諭は「今や就職を考えながら学部や大学を選んでいくのは常識です。出口の就職がいいと入り口の入試にも好影響を与えます。難関大が人気がある理由は、有名企業に就職者が多いからでしょう」と話す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう