記事詳細

自民「批判なき選考」へ、都連会長選で検討会設置

 自民党東京都連は24日、党本部で会合を開き、都議選惨敗で辞任を表明した下村博文会長の後任の選考方法を議論する検討会を設置することを決めた。これまでは国会議員や都議らの役員選考委員会で選んでいたが、会合では「会長選の実施」を求める声が相次いだ。

 会合は、冒頭以外非公開。関係者によると、検討会は深谷隆司都連最高顧問を委員長とし、9月中に方向性を出すことを確認した。出席者からは「ブラックボックス批判をさせないようオープンな方法で選考すべきだ」といった意見のほか、都議選で対決した小池百合子知事や公明党との関係改善を求める声も上がったという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう