記事詳細

【北朝鮮見本市】砲弾で焼けただれた韓国・延坪島の家 半島危機、ミサイルならどんな惨事か…

 北朝鮮が発射をほのめかす大陸間弾道ミサイルの脅威が迫る中、2010年11月に北から砲撃を受けた韓国・延坪島(ヨンピョンド)を取材してきた。

 仁川港から高速船で片道2時間の距離。北朝鮮側の陸地まで15キロ、5月に金正恩党委員長が現地指導しに来た長在島まではわずか7キロしかない。展望台からは、長在島をはっきりと確認できる。兵器は見えなかったが、現在も多数の砲口が南を向いているはずだ。

 砲撃事件で全焼した民家は、安保展示館になっていた。北の多連装ロケット砲が発射した122ミリ砲弾の直撃を受けた民家は屋根が吹っ飛び、火災で焼き尽くされていた。家の中にいれば、確実に焼死するだろう。島にはあちこちに堅固な地下待避所があり、住民がすぐに逃げ込めるようになっている。

 砲弾ですら火の海となるが、ミサイルだとどんな惨事になるか、計り知れない。(北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう