記事詳細

韓国空軍、北指導部「焦土化能力を確認」

 韓国空軍は29日、北朝鮮が同日午前5時57分ごろ、平壌市北部の順安(スナン)区域から弾道ミサイル1発を発射したことに対抗して、9時30分ごろに韓国の江原道内の射撃場で、爆撃訓練を実施したと明らかにした。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、東北地方上空を通過し、北太平洋に落下した模様。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルの飛行距離は約2700キロ、最高高度は約550キロに達したとみられるという。

 聯合ニュースによると、韓国空軍は「有事発生時に敵(北朝鮮)の指導部を焦土化させる空軍の対応能力を改めて確認した」と説明した。

 また、訓練を指揮したイ・グンノ少佐は「北韓(北朝鮮)が核とミサイルでわが国民と韓米同盟の安全を脅かすならわが空軍の強力な打撃能力で北韓の政権指導部を全滅させる」と述べた。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース