記事詳細

ミサイル暴走の裏に潜む金正恩氏の弱気な一面 (1/3ページ)

 北朝鮮が29日に発射したミサイルは、日本上空を通過した。北朝鮮が事前通告なしで発射したミサイルが日本上空を通過するのはテポドン1号が1998年8月31日に発射され以来、19年ぶりとなる。

 ■トイレにも不自由

 前日の28日、韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は、北朝鮮が核実験の準備を完了したと報告した。昨年の9月9日、北朝鮮は建国記念日にあわせて第5次核実験を行っただけに、周辺国はミサイルだけでなく核実験に対する警戒も強めている。

 こうした流れを見ると、金正恩党委員長の核・ミサイルの暴走は日増しに加速しているように見られるが、やや弱気な一面も見え隠れする。

 この間、米朝軍事衝突の危機が叫ばれるようになった要因として、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が中距離弾道ミサイル4発を米領グアムに向けて発射する計画を8月中旬までに策定すると表明したことがあげられる。グアムへのミサイル発射威嚇は、定例の米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」を牽制し、あわよくば中止に追い込む狙いがあったのかもしれない。

 しかし、金正恩氏はここで腰砕けになる。

 金正恩氏は14日、北朝鮮軍戦略軍司令部を視察。「(米国の)行動をもう少し見守る」と述べたのだ。

 7月4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の発射に立ち会った時に、ミサイルを米国へのプレゼントに例えて「これからも退屈しないように大小の『贈物包み』をしばしば送ってやろう」と豪語していたことに比べると随分トーンダウンした。

 (参考記事:米の行動見守る」金正恩氏が腰砕けか…ミサイル発射を保留

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース