記事詳細

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】巨大地震の可能性? 十勝沖の不気味な「b値」の動き 低い状態続く (1/2ページ)

 いまからちょうど121年前の1896(明治29)年8月31日、陸羽(りくう)地震が起きた。

 マグニチュード(M)は7・2。東北地方で起きた直下型地震としてはM7・2の岩手・宮城内陸地震(2008年)に匹敵する最大級の地震だった。

 この地震は秋田県と岩手県の県境にある真昼(まひる)山地で起きた。死者209人のほか、全壊した家屋約6000戸を生み、山崩れは約10000カ所にも及んだ。

 秋田県仙北郡千屋(現在の美郷町北部)などいくつかの集落では、全戸数の7割以上が全半壊したほどだった。震源地付近では、いまの震度階では震度7から6だったと推定されている。ちなみに1948年の福井地震までは震度7はまだなかった。

 なお2008年の岩手・宮城内陸地震は、いままで日本で最大の加速度4022ガルを記録した地震だ。この加速度は世界最大で、ギネスブックの認定を受けている。

 この陸羽地震には前震があった。前震とは本震の前に起きる地震のことだ。

 本震8日前の8月23日から最大M6・4の地震など、活発な前震活動が続き、その前震で被害が出たほどだ。

 ところで、海溝型の大地震である11年に起きた東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)にも2日前に津波注意報が出るくらいのM7・3の大きな前震があった。04年のスマトラ島沖地震にも前震があったという説がある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう