記事詳細

「ドラマを見たら懲役5年」…海外文化を極端に嫌う金正恩氏 (1/3ページ)

 北朝鮮が29日、日本上空を飛び越える弾道ミサイルを発射したことを受けて、中国外務省の華春瑩報道官は「問題は臨界点に差し掛かろうとしている」と述べた。王毅外相も30日に行われた記者会見で、「国連安全保障理事会の決議に違反し、賛成できない」と不満を示した。

 このような中国の姿勢に、北朝鮮も反発を強めている。こうした中朝関係の悪化が影響しているのか、北朝鮮当局が中国の映像コンテンツを厳しく取り締まりはじめたという。

 ■拘禁施設では「性的虐待」

 北朝鮮当局は、韓流ドラマをはじめとする海外の映像コンテンツを見たり、流通させたりする行為を厳しく取り締まっている。一昨年5月には、韓流ドラマのファイルを保有していただけの容疑で、女子大生を摘発し、過酷な拷問を加えたほどだ。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 一方、中国の映像コンテンツについてはさほど厳しく取り締まっていなかった。ところが最近になって、中国の映像コンテンツを見た人に懲役刑を含めた重い処分を下すなど、重罰化を進めているという。

 映像コンテンツを取り締まるのは「109常務(サンム)」と呼ばれる専門の捜査機関だ。昨年3月中旬、北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)のある郡で、乱交パーティーに及んでいた男女が逮捕される事件が起きたが、これも109常務が摘発したものだ。

 (参考記事:北朝鮮で「ポルノ見て乱交パーティー」は収容所送りの重罪

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース