記事詳細

東京新聞記者が珍質問「北の要求に応えるよう働きかけているか」 菅氏、苦笑で「北の委員長に聞かれたらどうか」

 菅義偉官房長官の8月31日の記者会見で、東京新聞の女性記者が、国連決議などを無視して「核・ミサイル開発」を強行し、周辺諸国を威嚇する北朝鮮を擁護するかのような質問を繰り返した。「独自の世界観」に基づく女性記者の問いに、菅氏は苦笑いしながら応じた。

 女性記者「米韓合同演習が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の弾道ミサイル発射を促しているともいえる。米韓との対話の中で、金委員長側の要求に応えるよう冷静に対応するように働きかけることをやっているか」

 菅氏「北朝鮮の委員長に聞かれたらどうか」

 月末の官房長官会見で、こんなやり取りがあった。質問したのは、「加計学園」問題で菅氏を質問攻めにした女性記者。正恩氏側の「要求に応えるよう…」とは、無法者の恫喝(どうかつ)に屈しろということか?

 女性記者はまた、北朝鮮が過去2回ミサイルを発射した前日に、いずれも安倍晋三首相が公邸に宿泊したことを取り上げ、「首相動静を見て、(安倍首相が)公邸に泊まると思ったら、次の日はミサイルが飛ぶのか」とも追及した。

 菅氏は「政府として、万全の態勢を整えて、国民の安全と安心を守ることが、悪いことのような質問に聞こえた」などと語った。

 東京新聞1日朝刊には、このやりとりは掲載されなかった。女性記者がどんな記事を書くのか注目される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう