記事詳細

韓国人も冷ややかに見る映画『軍艦島』、史実として世界拡散 (1/3ページ)

 映画『軍艦島』が、今年7月、韓国で封切られた。日本軍に強制徴用された朝鮮人炭鉱夫の悲劇を描いた本作は、公開からわずか10日で観客動員数が600万人を突破。だが、実際に映画を観た韓国人の反応は冷ややかだった。韓国の大手ポータルサイト「NAVER」の特設サイトに寄せられた評価は10点満点中1が全体の49%と最多で、史実とかけ離れた内容に非難が集中した。

 「日本が歴史歪曲をするのは良くないが、韓国人がやっちゃダメだろ」

 「時代考証がまったくなっていない」

 「日本の子供が(映画を)観たら反省するどころか笑われるだけ」

 「日帝の蛮行を知らしめるなら、事実を突き詰めて映画を作らないと」

 また、8月12日付の『韓国日報』は、軍艦島で徴用工として働いていたチェ・ジャンソプ氏(90)のインタビューを掲載。チェ氏は、「軍艦島での生活は捕虜より酷かった」としながらも、「日本人は島で亡くなった朝鮮人をきちんと弔い、祖国に送還していた。映画には想像が付け加えられているようだ」と、事実に反する点があることを指摘した。

 戦時徴用に詳しい九州大学大学院の三輪宗弘教授が語る。

 「朝鮮人内地移送計画が始まった昭和14年当時は希望者が多く、選抜で2人に1人しか日本で働けませんでした。昭和18年以降は空襲の激化などで応募者が減り、19年から徴用が始まりますが、移送中に朝鮮半島で逃げ出しても実際に罰則を科せられることはなかった。犯罪で強制送還された朝鮮人が再び日本に潜り込み、炭鉱で働いていた例もある。強制連行とは程遠い話です」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース