記事詳細

芸術家ダリと「血縁なし」! 隠し子訴え鑑定、女性側の代理人「まだ裁判所の判断は出ていない」

 スペイン出身のシュールレアリスム芸術家ダリ(1904~89年)の「隠し子」を名乗る女性(61)が親子関係の認定を求めた訴訟で、ダリの遺品などを管理する財団は6日、女性はダリと血縁関係が全くないことがDNA鑑定により明らかになったと発表した。スペインのメディアが伝えた。

 ダリの遺体は7月に掘り出され、専門研究所で鑑定が行われていた。裁判所は18日に判決を下す予定。女性側の代理人は「まだ裁判所の判断は出ていない」と述べ、判決を待って対応する考えを示した。

 女性はスペイン北東部カタルーニャ自治州のダリの生地近くに住むトランプ占い師。ダリの家政婦として働いた母から「あなたの本当の父はダリだ」と晩年に打ち明けられたと主張していた。

 裁判所は6月、遺体のDNA鑑定を行うよう命じ、財団の不服申し立てが却下されたため、遺体は掘り返された。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう