記事詳細

石破氏、米核兵器「国内配備議論を」 日本の安全保障問題に一石

 自民党の石破茂元幹事長が、日本の安全保障問題に一石を投じた。6日のテレビ朝日の番組で、北朝鮮の核実験強行を踏まえ、日米同盟の抑止力向上のため、日本国内に米軍核兵器を配備する是非を議論すべきだとの考えを示したのだ。一昔前なら左派勢力に「暴論」として猛批判されただろうが、北朝鮮による現実的危機を前に、検討の余地はありそうだ。

 「米国の『核の傘』で守ってもらうと言いながら、日本国内には置かないというのは議論として本当に正しいのか」

 石破氏はこう語った。元防衛相として腹をくくった発言だ。

 さらに、石破氏は非核三原則を念頭に「(核を)持たず、つくらず、持ち込ませず、議論もせず、ということでいいのか」と強調。「核の傘」と通常戦力を含めた総合的な抑止力で同盟国を守る「拡大抑止」の仕組みに言及し、「持ち込ませないことと、拡大抑止力を維持することは本当に矛盾しないのか。そういう状況に日本はあるのではないか」と指摘した。

 これに対し、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「政府として非核三原則を堅持している。これまで見直しの議論はしておらず、これからも議論することは考えていない」と語った。

 常識的な政府答弁を受けて、石破氏は同日夜、「それが政府の考えなら、党としてどうかという話をしなければならない」と都内で記者団に述べ、党内論議が必要だと主張した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース