記事詳細

山尾氏ツイッター炎上に漫画家・小林よしのり氏が徹底擁護「政治家の不倫に説明責任は不要」 (1/2ページ)

 「密会愛」を週刊文春に報じられて民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)のツイッターが炎上している。記者会見で質問を一切受け付けず、「説明責任」を果たしていないことへの批判が高まっているようだ。一方、漫画家の小林よしのり氏(64)は10日、ネットの生放送で山尾氏を擁護、「離党させたのは一時的な流行に乗ってしまっただけ」と民進党を批判した。

 山尾氏は離党を表明した7日、ブログでも同様の釈明文を掲載し、ツイッターでも「本日の会見内容について更新しました」とブログを紹介した。このツイートに対するコメントは11日朝時点で3400件を超えている。

 コメントには「中傷に負けないで」など応援コメントもあるが、「山尾さんの言う説明責任ってあんなレベルなんですね」「謝るべき相手はもっと身近にいるのでは」「男女の関係ではないことを証明してください」など辛辣(しんらつ)なコメントが目立った。

 同様に不倫疑惑が報じられた自民党の今井絵理子参院議員が7月27日に更新した釈明文のツイートに付いたコメントは、今月11日朝までに3100件あまりだった。

 ネット上での山尾氏批判に真っ向から反論したのが、小林氏だ。同氏は「山尾志桜里を総理にする会代表」を名乗っていることで知られる。また、山尾氏の密会相手と報じられた倉持麟太郎弁護士(34)は小林氏が主宰する「ゴー宣道場」の「師範」を務めるなど、山尾、倉持両氏と親しい関係にある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース