記事詳細

北朝鮮のミサイル発射兆候 信頼できるのは“Aアラート”? (1/3ページ)

 東日本の広範囲で早朝に「Jアラート」が鳴り響いた8月29日。しかしほとんどの人はそのわずか4分後に上空を通過していく北朝鮮のミサイルに対し、何も対処できなかった。が、その危機を半日以上前から察知していたとしか思えない人物がいた。発射を受けて「ミサイルの動きを完全に把握していた」と胸を張った安倍晋三首相である。

 「これは、(ミサイル発射が)分かっていたってことじゃありませんか?」

 北朝鮮の核実験が行なわれる4日前の8月30日、衆院安全保障委員会の閉会中審査で、民進党の後藤祐一・代議士が、安倍首相が公邸に宿泊する“タイミング”について質問した。

 安倍首相が8月に公邸に泊まったのは25日と28日の2日のみで、いずれも翌朝に北朝鮮がミサイルを発射していた。そのため、“事前にミサイル発射の情報が入っていたから前泊していたのでは?”という疑惑を指摘したものだった。

 質問を受けた西村康稔・官房副長官は、「まぁ、様々な判断のもとで公邸に泊まるという判断をされていると思うので、そのようなことだと思う」と答弁。

 それに対して後藤氏は、「“様々な判断”というのは非常に含蓄のある答弁でございますが、まぁ、分かっていたというように見えますよね。良いことなんですよ。ただ、バレバレになっちゃいますから、普段からちゃんと公邸に泊まった方が良いと思います」と皮肉を交じえて質疑を終えた。

 翌日、菅義偉・官房長官にはマスコミから同様の質問が相次いだが、「事柄の性質上、答えることは控えたい」と煙に巻いた。

 西村氏や菅氏はいずれも肯定も否定もしていないが、そもそも北朝鮮のミサイル実験を事前に把握することは可能なのか?

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース