記事詳細

中国巨大市場を狙うヴィクトリアズ・シークレットの世界戦略 (1/2ページ)

 日本でも人気を博すモデル、ミランダ・カーは2007年から2013年まで、超有名下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(VS)」の“エンジェル”を務めた。エンジェルとは、同ブランドの広告塔となるモデルのことだ。2011年には毎年のファッションショーで1人しか着ることのできない「ファンタジーブラ」を着けてランウェイを闊歩。人気は絶頂に達する。

 その頃から日本のCMなどに登場し始めた彼女の活躍で、日本でのVSの知名度が上がったのは事実だ。現に日本でのミランダの活躍に後押しされる形で、2014年に羽田空港に初のVSの店舗が誕生している。

 ミランダは2013年4月に公式にエンジェルとしての契約終了を宣言した。その理由について、自らが手がける化粧品ブランドに力を入れるため、モデルとしてよりも実業家に注力したいからと本人がテレビ番組で語っている。一部報道によるとエンジェルとしての契約書には、身長はもちろん体重、ウエストのサイズ、毎日のエクササイズなど細かい規定があり、ミランダはそれを守り続けるのが困難になったことがリタイアの理由との説もあるが、真相はわからない。

 ミランダのフェイドアウト後、VSは大きな転換期を迎えた。2014年のキャンペーン「パーフェクトボディ」が、消費者からブーイングを受けたのだ。「パーフェクトなボディでなければ、綺麗なランジェリーを身につける資格はないのか」というわけだ。

 当時のVSのパンティのサイズは最大でXL。ブラはDカップまでしかなかった。しかし女性消費者による「もっと大きなサイズを!」という嘆願運動により、DDDカップのブラが誕生した(ただしパンティの最大サイズは今もXLだ)。キャンペーンのスローガンも「ボディ・フォー・エブリボディ」に変更となった。その流れを受けて、イギリス出身のプラスサイズ(ぽっちゃり系)モデル、イスクラ・ローレンスの抜擢も大きな話題に。かつての「欧米系のスレンダーモデル」だけがカタログに登場していたVSでは考えられない変革だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース