記事詳細

ヒラリー氏、人気変わらず?新刊に徹夜組 回顧録で「トランプ氏は信じられないほど不快」

 昨年の米大統領選で敗れたヒラリー・クリントン元国務長官の回想録が12日、全米で発売された。サイン会が開かれたニューヨーク・マンハッタンの書店では、支持者ら数百人が長い列をつくった。徹夜組もいて関心の高さを示した。

 「What Happened(何が起きたのか)」と題された回顧録は、米インターネット通販大手アマゾン・コムで売れ行きトップ10入りした。クリントン氏は笑顔で支持者ら一人一人と握手を交わしたが、公にコメントはしなかった。

 米メディアによると、クリントン氏は回顧録で、昨年10月の第2回候補者討論会を振り返り、自身に近寄ってくる共和党候補だったトランプ氏は「信じられないほど不快で、鳥肌も立った」と記した。サイン会に訪れたスーザン・トーミーさん(69)は「クリントン氏が大統領にならなくてがっかりしているし、腹立たしい」と語った。

 クリントン氏はこれまでに自伝「リビング・ヒストリー」や回想録「困難な選択」などを出版している。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう