記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】高層マンションの陰にヘルコリア…「考試院」生活者50万人、“家なき人”増加の実態 (2/2ページ)

 統計庁の資料は、ソウルの世帯数はほぼ横ばいだったのに、(4)は7万2140世帯となり、前2015年(6万9870世帯)より2270世帯(3・2%)増えたとしている。

 実は、首都圏の考試院居住者は50万人という推計もある。韓国政府が公表する統計数値を「でたらめ」とする検証記事は、毎年のように韓国の新聞に載っている。だが、政府の公式統計でも、(4)が前年より3・2%増えたと述べていることは、それなりの意味があろう。

 聯合ニュースがこの記事を配信した翌日、京郷新聞(韓国語サイト)は、各種統計とアンケートを総合分析した結果、自殺と住居の狭さには密接な関係があることが分かったと報じている。

 同じ日、中央日報の日本語サイトには「持ち家のない世帯44%…上位1%は平均7軒保有」との記事が載った。

 政府資料「個人不動産保有現況」に基づく記事だ。15年の場合、「保有不動産価格基準で上位1%の13万9000人が保有した住宅は90万6000軒」であり、07年の「11万5000人が37万軒」より大幅に保有住宅数が増えたという内容だ。

 富める者はますます富み、貧しい者は考試院生活に…日本に来た韓国人旅行客が語ることのない「ヘルコリア」(地獄の韓国)の一側面だ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう