記事詳細

都民ファ代表交代「密室選考」に党内異論 事前通告なくメールで報告、就任会見で「瑕疵はない」って言うけど…

 小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」の代表に荒木千陽(ちはる)都議が選出されたことをめぐり、13日に開かれた都議会「都民」会派の議員総会で、「一部の意向で密室で代表が決まった」として代表就任に反対する意見が出た。政党発足から8カ月で代表が3回も交代した同党だが、大丈夫なのか。

 異議を唱えたのは7月の都議選まで会派幹事長だった音喜多(おときた)駿都議。代表決定の手法や情報公開のあり方について、10月5日までに議員総会を開いて検討するよう求める申し入れを党側に行ったという。

 代表交代をめぐっては、知事特別秘書の野田数(かずさ)前代表が10日辞意を申し入れた。翌11日午前、小池氏と増子博樹幹事長、山内晃政調会長の3人からなる選考委員会で荒木氏を新代表に選出した。

 しかし、複数の「都民」都議によると、野田氏の辞意や代表決定過程が役員以外に事前に伝えられることはなく、同日午後、新代表決定についてメールで報告があったのみだったという。

 荒木氏は衆院議員時代の小池氏の秘書を務めた側近で、都議選で初当選した新人都議。

 荒木氏は13日、都庁で開いた新代表就任会見で「党の規約にのっとって代表に選ばれた。瑕疵(かし)はない」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース