記事詳細

【馬淵澄夫 俺がやらねば】まだ若い山尾氏は再起を! 臨時国会の冒頭解散は十分あり得る (1/2ページ)

 山尾志桜里元政調会長が一連の報道を受け、民進党を離党した。非常に優秀な人材であることに疑いはなく、幹事長として、国会論戦そして選挙の顔として活躍が期待されただけに、ただ「残念」の一言に尽きる。

 報道された疑惑については、本人は否定しており、真偽は分からない。混乱の責任を受けての離党という決断だったのだろう。彼女はまだ43歳で、私がビジネスの世界を経て初当選を果たした年齢と同じだ。信頼を再度勝ち得て、再起する「政治家としての時間」はまだ十分ある。再起を期してもらいたい。厳しい報道や意見がある一方で、そのように考えている人は多いはずだ。

 民進党の前原新体制が、スタートダッシュでつまずいたことは、事実として受け止めるしかない。しかし、臨時国会そして選挙は、これからであり、まだ何も始まっていない。イメージだけで語っても意味がない。ここからが本当の勝負だ。

 民進党をめぐっては、複数の所属議員の「離党」の可能性も報道されている。小池百合子都知事に近い若狭勝衆院議員、離党した細野豪志元環境相らが年内にも結成する新党への合流を目指すとされている。

 大きな政界再編を仕掛けるには、与党も巻き込んだ再編が不可欠だ。1993年の政界再編・非自民政権の誕生は、故羽田孜元首相、小沢一郎氏ら自民党羽田派の造反がきっかけとなった。

 真の政界再編は、憲法改正に慎重な自民党穏健派と組んで「自民党を分断する」といった大きな絵を描き切れるかにかかっている。そのような新たな時代を切り開く政治的エネルギーを生み出すには、政権を担った経験と人材、組織を擁する民進党を核とした再編しかないと私は考える。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう