記事詳細

【朝日新聞研究】甲子園ボール投下の濃すぎる自社色 スポーツ精神に合致しない社旗の誇示、高校野球さえも反戦利用 (1/2ページ)

★(5)

 8月8日、台風の影響で1日遅れで全国高校野球選手権大会が、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した。始球式には、長嶋茂雄氏の次女でスポーツ・キャスターの長嶋三奈さんが登場した。女性が務めるのは24年ぶりとのことであった。

 この始球式は一般の始球式と異なり、使用するボールは朝日新聞のヘリコプターによって、上空から投下されるのが最大の特徴である。このボール投下については、朝日新聞の8月15日付のデジタル版で、動画を含めて紹介されている。

 それによると、1923(大正12)年の第9回大会における、朝日新聞の飛行機による祝賀飛行からはじまり、戦後しばらくは米軍機が行ったという。52年から朝日新聞機により再開され、56年からヘリコプターが使われるようになった。

 今年は導入されたばかりの「あかつき」号が使われ、「朝日放送のヘリコプターが並んで飛行しながら空撮し、球場の大型スクリーンにその模様が映し出された」とあるから、デジタル版の動画で見られるのが、それなのであろう。

 ボールの投下はボールだけを投下するのではない。ボールには朝日新聞の社旗が結びつけられており、それがひらめきながら落下するわけである。しかも投下の目標として、二塁ベースの後方には、ここにも朝日の社旗が広げられている。なかなか考えられた見事な演出と言えるだろう。

 ただし、ここで疑問を感じざるを得ない。これは果たして高校球児の祭典にふさわしい、セレモニーなのであろうか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう