記事詳細

自民・金子元国交相が不出馬へ 健康面への不安が理由

 自民党の金子一義元国土交通相(74)=衆院岐阜4区=が、次期衆院選に出馬しない意向を周囲に伝えたことが20日、同党岐阜県連への取材で分かった。高齢による健康面への不安が理由といい、21日に地元後援会の会合で正式に表明する見通し。

 県連によると、金子氏は19日に電話で後援会や県議の一部に不出馬の意向を伝えた。後継指名はなく、県連は近く候補者の公募を始める。

 金子氏は1986年に初当選し、現在10期目。行政改革担当相や国交相などを歴任した。

 同党の北村茂男衆院議員(71)=石川3区=も20日、次期衆院選に出馬せず、政界を引退する意向を表明した。北村氏は当選4回。環境副大臣などを務めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう