記事詳細

【大学で学ぼう】卵のような肉塊から生まれた女人…不思議な説法で日本を読み解く 成城大学で「日本霊異記の世界」講座

★成城大学 

 成城大学の10月以降のおすすめ講座は、「食と健康-科学の目で食の話題を見直す-」(全6回・1万2000円)。食と健康に関する情報を科学的根拠に基づいて選別し、賢い食生活を送るための力を身につける。

 「日本霊異記の世界」(全5回・1万円)。『日本霊異記』は、日本最古の仏教説話集。輪廻(りんね)転生や卵のような肉塊から生まれた女人の話など、人の興味を引く不思議な説話が多く集められている。民間伝承との関わりや当時の社会背景などにふれながら、説話に込められた仏教思想を読みとく。

 「映像によるロシア文化入門」(全6回・1万2000円)。文学・芸術の宝庫であるロシアのプーシキンの昔話、トゥルゲーネフの小作品、ゴンチャロフの『オブローモフ』、トルストイの『復活』を学習する。

 「金融システムと私たちの生活」(全6回・1万2000円※別途テキスト代929円)。消費者や企業経営者などの視点を重視しながら、金融全体の仕組みと流れをわかりやすく解説する。

 このほかに、無料講演会(予約制・定員400人)として、10月8日(日)14時から、作曲家・ピアニスト・三絃奏者である村松健氏による「奏で語る『音楽の生まれる場所-僕はどうして街を離れたのか-』」など、3講演がある。

 ■成城大学「成城 学びの森」事務局 東京都世田谷区成城6の1の20 (電)03・3482・9031 問い合わせ時間は平日8時30分~16時30分、土~13時(祝日は除く)。※申し込みは成城大学ホームページ「成城 学びの森」より入力。入会金なし。先着順で定員になり次第、締め切り。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう